英検®準1級対策でのスクール・塾の選び方

article-13th-eyecatch スクール
エイコ
英語上級者になりたい大学生エイコです♪

みなさん、英語の勉強の調子はいかがですか?


私はですね、勉強の成果がちょっぴり模試の点数に反映されて努力が実り始めてきたかなーと思います。


ただ、リン先生も言っていたのですが、慢心はできないですね。


油断して勉強をサボると人は物を忘れる生き物だからすぐに点数は落ちちゃいますから。


陳腐な言葉になりますが「継続が大事」ということです。


さて、今日はリン先生から「英検®準1級受験生向けのスクール・塾選び」について教わります。


じつは私エイコは2級は合格しましたがスクールや塾は行ったことがありません。


だから、今後そこに行くとなるとドキドキしますね。

エイコ
先生こんにちわ♪
リン先生
こんにちはエイコちゃん、ごきげんいかがかしら?

はい、凡事徹底の気持ちで取り組んでいます。継続は大事ですから。

リン先生
素晴らしいわエイコちゃん♪引き続き頑張って行きましょう♪

はい先生!


ところで先生、今日はスクール・塾選びについてのお話があるということでしたが…?

リン先生
そのとおりよ。今回はスクール・塾選びの話。
特に英検®準1級の受験生向けのスクール・塾の選び方を今回はお伝えするわ。

あっすごく気になります!


お願いします。

スクールや塾選びに関する英検®準1級受験生のペルソナ設定

mask
リン先生
まずスクールや塾を選ぶにあたって、英検®準1級受験生のペルソナ設定が必要になるわね。

それができないとスクールや塾のおすすめはできないと思うの。

エイコ
先生ー。ペルソナ設定って何ですか?

いい質問ねエイコちゃん!


ペルソナ設定はマーケティング用語。


意味はサービスや商品の典型的なユーザー像ね。


ちょっと詳しい説明をするわね。


ペルソナ設定の意味を説明する前に一つ分かりやすい例を出しましょうか。


例えばこれ、

ペルソナ
田中太郎
32歳
会社員
既婚、妻、7歳の長男、5歳の長女の4人家族
・2年前に係長に昇進して管理職になった。
・仕事量が増え、昔やっていた運動がおっくうになり太った。
・子供から「パパ、お腹が出てかっこわるい」と言われた。
・自宅で筋トレしても長続きしない。効果的な筋トレ方法が分からない。

このように、すごーーーーーーく具体的なユーザー像を設定することをペルソナ設定って言うの。


その人の、年齢、性別、職業、居住地、年収、趣味、価値観、家族構成、ライフスタイル等々…を考える感じね。


どう思うかな、こんな人って結構いそうでしょ?

エイコ
そうですねリン先生!
こんな人がいたらダイエット食品かジムに行くことをおすすめしたくなっちゃいます!

そう、このようにペルソナ設定をすると具体的にどんな商品やサービスを提供すればいいか検討しやすくなるの。


だから、大事なのよ。


ちなみになんだけど、このブログに関して読者のペルソナ設定をしているの。

エイコ
先生、メタ入っちゃいましたね…。

実はこの記事で「このブログの想定読者は○○です」って宣言しているのよ。


この記事です!

article-3rd-eyecatch

「エイコの英語」ブログの方向性について【目指せ英語上級者!】


だから、想定読者の人が読むとピンポイントで役に立つ情報が提供できるし、


そうでない人は他のブログを検討してもらい有意義な時間を過ごすことができる。

エイコ
先生、すばらしいです!

ありがとう。


でも英語ブログはたくさんあれどペルソナ設定をしているものは本当に少ないわね・・・。


「英語に困っている人を助ける」


「英語で役に立つ情報を提供する」


このような言葉をうたっていても果たして具体的に誰に向けた情報か分からないのは残念ね・・・。

エイコ
あー、それは困りましたね・・・。


英検®準1級受験生のペルソナ設定

リン先生
さて、私が考える典型的な英検®準1級受験者のペルソナ設定なんだけど次のとおりね。

・地方に住んでいる人もいる
・アフターコロナの時代
・大学生から社会人5年以下の年代
・英検®2級に合格している
・2回以内の受験で合格したい

説明は今からするわ。

地方に住んでいる人もいる

当然だけど受験生は都内や市街に住んでいる人もいれば、スクールや塾が少ない地方に住んでいる人もいる。


地理的制約は最優先で考えなければならないわね。


ちなみに私についてなんだけど・・・

エイコ
先生、何かあったんですか?

私も通学タイプの英検®スクールに通ったんだけど、私の家から片道90分。


スクールは夜しか通えなかったから授業が終わると近くのホテルに宿泊するってことがあった。

リン先生
授業が終わると満身創痍だったわ・・・。
エイコ
うわっ、遠いスクールって大変ですね・・・。

そう、だから


・モチベーションを維持するため


・生活リズムを壊さないため


・交通費、宿泊費等の無駄な出費を抑えるため



地理的制約は最優先で考えなければならないわね。

アフターコロナの時代

2020年以降はアフターコロナの時代。


当分はコロナに対する恐れは誰もが持っているんじゃないかな。


もしかするとコロナが収まっても新しいウィルスが世界的に蔓延するかもしれない。


こんな社会状況を踏まえるとスクール・塾選びの基準で何が大事になるか分かるんじゃない?

エイコ
先生ー、分かりました。オンラ・・・

ちょっと待ってエイコちゃん!


答えは分かっていると思うけど、後で話すからね。

大学生から社会人5年以下の年代

私はB日程(準1級以上、21歳以上、特定都道府県での受験)しか知らないから、


大学生や社会人の方が集まるのが多い会場しか知らない。


その立場で言わせていただくと、年代で多いのは


大学生から社会人5年以下の方ね。


これらの方が受験するわけだから、これを踏まえたスクール・塾選びが必要ね。


つまりはこれらの年代の方の収入を踏まえたスクール・塾選びをしなきゃらないわ。

英検®2級に合格している

これはデータが見つからないので私の推量だけどね。


それを説明するね。


準1級の受験者、事前に英検®2級に合格した人が多いんじゃないかと思う。


英検®の問題形式に慣れた2級合格者が、勉強を継続して準1級を受験するというパターンはあると思う。


だけどTOEICの平均的なスコア保持者(500-600)が準1級を受けるってパターンは少ないかもしれないわ。


TOEICの受験者の多くはLとR。


英検®ではライティングとスピーキングの勉強もしなければならない。


そしてCEFRスコアで見ても準1級の壁は高い。


TOEICから英検®に切り替えるにしても2級からになるのじゃないかしら。

2回以内の受験で合格したい

できるだけ早く合格したいって思うのはほぼ全ての受験者がそうじゃないかしら。


ただ準1級は難易度も高いから、現実的には2回以内の受験で合格したいって望む人が多いと思う。

スクールや塾選びに関する英検®準1級受験生の判断軸

さて、さきほどのペルソナ設定をふまえると英検®受験者にとってのスクール・塾の選び方の判断軸は次になるんじゃないかな。

ペルソナ設定判断軸
地方に住んでいる人もいるオンライン通学が可能
アフターコロナの時代
大学生から社会人5年以下の年代支出総額は40万円未満
英検®2級に合格している全くの会話初級者向けではない
2回以内の受験で合格したい投資対効率が高い

説明はこれからするわね。

オンライン通学が可能

スクール・塾の選び方・判断軸の 1つ目は「オンライン通学が可能」ね。


「地方に住んでいる人もいる」「アフターコロナの時代」を踏まえての判断軸ね。


スクールや塾から物理的距離が遠い受験生にとって、地理的制約の解消は本当に大事。


そして、スクールや塾に通学してコロナに感染するのは怖い。


これを踏まえると、「オンライン通学が可能」という軸は最重要ね。


オンライン授業って何か不安だなーって思う人はいるかもしれないけど、


私個人の感想だと、実店舗スクール・塾の授業と遜色はないわね。


しかもオンライン通学のプランって、実店舗スクール・塾に通うよりも安くなることが多いわね。


この軸での検討は重要だと思うわ。

支出総額は40万円未満

スクール・塾の選び方・判断軸の 3つ目は「支出総額は40万円未満」ね。


さきほどのペルソナ設定で「年代として多いのは大学生から社会人5年以下」ってあげたけど、


これを踏まえると、判断軸としてはスクール・塾にかける支出総額は40万円未満になるわね。


大学生のバイト、社会人として年数がないうちの手取り額。


現実的に考えると40万円以上の出費は生活が本当に苦しくなるんじゃないかしら。


もちろん家がお金持ちだったり、高給な仕事に就いている人は例外だけどね。


英語はお金をかければ合格までの道のりは短くなりやすくなる。


だけど、程度の問題があるから50万や100万はかけすぎだと考えるわ。

全くの会話初級者向けではない

スクール・塾の選び方・判断軸の4つ目は「全くの会話初級者向けではない」ね。


さきほどのペルソナ設定で「英検®2級に合格している」を挙げたのは覚えているかな?

エイコ
はい、覚えてます。

2級に合格していれば、スピーキングで日常会話はそれなりにできるんじゃないかと思う。


これを踏まえると、


・初心者向けのコースしかない
・日常英会話しか扱わない
っていうスクール・塾は避けたいわね。


可能なら


・ビジネス英会話
・中級者以上のコース
があるものを検討してはいかがかしら。

投資対効果が高い

投資対効果が高い。


とってもとっても重要よ。


ちょっと怖いのは、「授業料が安いからって理由でそのスクールに通ったが、2-3年通っても英語力は対して伸びませんでした」っていうもの。


これは避けたいわね。


このブログにおいて投資対効果を見る指標は次のとおり。

指標根拠
具体的な目標設定を行う場がある限界的練習
集中する環境がある
フィードバックを多く頻繁に受けることができる
インプット8、アウトプット2の環境がある第二言語習得論
英語力が付いたエピソードが多くあるエビデンス
エイコ
限界的練習、第二言語習得論、エビデンスって何ですか?

残念だけどこれを語ると1記事で収まらなくなるわ。


だから別の機会にお話するわね。


とりあえずは、これらの投資対効果の指標は科学的根拠に基づいていることだけ理解してね。


第二言語習得論についての解説はこの記事です!

sla2-sla

第二言語習得論とは何?英語学習にどう役立てる?


エビデンスについての解説はこの記事です!

evidence-and-english

エビデンスに基づいた英語学習とは?


判断軸の重み付け

さて、最後に判断軸の重み付けをするわね。


判断軸はこれだったわね。

ペルソナ設定判断軸
地方に住んでいる人もいるオンライン通学が可能
アフターコロナの時代
大学生から社会人5年以下の年代支出総額は40万円未満
英検®2級に合格している全くの会話初級者向けではない
2回以内の受験で合格したい投資対効率が高い






これらの判断軸に重み付けをするとこうなるかしら。




ペルソナ設定判断軸重み付け
地方に住んでいる人もいるオンライン通学が可能
アフターコロナの時代
大学生から社会人5年以下の年代支出総額は40万円未満
英検®2級に合格している全くの会話初級者向けではない
2回以内の受験で合格したい投資対効率が高い

まず「オンライン通学が可能」


「大」ね。


通学できなかったり、ウィルスに感染したら本当にどうしようもないからね。


「支出総額は40万円未満」


これは「中」


スクールや塾の代金。


アルバイトでためたお金やお給料から捻出していると思う。


だけど、若いうちは40万を超える支出は生活バランスが崩れる可能性があるからセーブしたいわね。


「全くの会話初級者向けではない」


これは「小」


スクール・塾がどのレベルの人を対象としているのか見ておくことは大事。


「投資対効率が高い」


これは「大」


効果がないことをダラダラやっていても仕方ないからね。


ちょっとお金がかかっても半年後に準1級合格できましたってなったら嬉しいでしょ。

リン先生
以上が重み付けでした。
お話が長くなったわね〜。
エイコ
怒涛の説明ラッシュでした、リン先生!

まぁまぁ、エイコちゃん。大事な話だから。


さて、当ブログではこの判断軸とこの重み付けに基づいたスクール・塾を今後紹介していきたいと思います。


色々なスクール・塾を俯瞰して


・ここは英検®受験者にとっておすすめのスクール・塾です!
・英検®受験者の人にはマッチしないけど、○○したい人にはいいかもしれません!
という感じで紹介させていただきますね。

まとめ

リン先生
以上が英検®準1級対策でのスクール・塾の選び方でしたー。
エイコ
先生、説明お疲れ様です!

ありがとうエイコちゃん!


さて、スクール・塾の選び方は今回説明しましたが具体的なスクール名や塾名はまだ挙げていません。


その理由は、当ブログにおけるスクール・塾選定の軸を先に読者の方に示す必要があるからです。


そうすれば読者にとっても信じやすい情報になると考えられるからです。


世の中の英語ブログにはスクールや塾を紹介するものはありますが、何を基準におすすめしているのか不明瞭なものがあります。


・管理人にとってのおためごかしであったり
・管理人のきまぐれな感覚での選定であったり


そんなもので読者がスクール・塾に無駄な出費をしてしまう…ということはあってはならないと思います。


このブログでは
・読者より
・スクール・塾よし
・管理人より
の「三方良し」であるスクール・塾の紹介ができればと思います。

リン先生
Let’s do it!