英検®準1級の難しいリスニングを突破する裏技

article-6th-eyecatch リスニング
エイコ
英語上級者になりたい大学生エイコです♪

私エイコは留学のため、就職のため英検®準1級合格に向けで勉強しています。


みなさん、英語の勉強は進んでいますか?


進んでいる方も、ちょっとお休みの方も一緒に頑張りましょうね。


そして、TOEIC、英検®など受験を控えられている方、頑張ってくださいね!


ファイト!


実は私、最近準1級のリスニング参考書を買って、音声をスマホに入れて聞いたのですが準1級のリスニング、滅茶苦茶難しいなーって思いました。

エイコ
早っ、何言っているのか分からないっ!

このままじゃリスニングを突破するのにすごく時間がかかりそうだからリン先生に準1級のリスニングのコツを訪ねました。

エイコ
リン先生ー。かくかくしかじか…。
リン先生
ふむふむぺらぺら…。
なるほどね。
でもエイコちゃんの気持ちはすっごく分かるわ。

確かに英検®準1級のリスニングは難しいと思う。


リスニングでは英検®2級の1.5倍の語彙数が使われるし、


会話スピードもよりネイティブに近いものになる。


2級に受かったばかりの人が準1級のリスニングを聞いて難しさを感じるのは当然だと思うの。

エイコ
そうなんですねー。

だからエイコちゃん含め、英検®準1級の受験者はリスニングを突破するにあたり、次のことを知ってほしいと思うわ。


それは
・英検®準1級のリスニングではどんな問題が出るか
・英検®準1級のリスニングを突破する裏技
・英検®準1級のリスニングに臨むにあたってのマインドセット

英検®準1級のリスニング。どんな問題が出るの?

英検®準1級のリスニングにどんな問題が出るのかを知りましょう。


戦いに臨むにあたって相手を知ることは大事。


英検®準1級のリスニングは大問3つで構成されているわ。


・Part 1 会話の内容一致
・Part 2 文の内容一致、
・Part 3 Real-life
の3つね。


詳細は日本英語検定協会のサイトにあるから、受験を決意したら必ず確認しましょうね。


Part 1 で12問
Part 2 で12問
Part 3 で5問
計29問、時間は約29分


30分も耳を集中させなければならないから大変ね。

英検®準1級のリスニング。2級との違いは?

英検®準1級のリスニング。2級との違いは難しさや形式を含めて色々あるわね。


私が感じる違いを5つ説明するわね。

エイコ
めもめも


準1級は2級よりも語彙アップ、スピードもアップ

当然だけど、準1級は2級よりも使用語彙はアップするし、スピードもアップする。


準1級の語彙は2級の約1.5倍。


それはリスニングにも反映されるわね。


だから、TOEICと違い単語を知らないと苦戦はするわね。


だから、単語を覚えることはおろそかにできない。


そして、スピード。


これはあくまで私の感想だけど、話者の会話スピードも僅かに上がっていると感じるわ。

準1級は2級と違いインストラクションアナウンスも英語

2級まではPartごとのインストラクションアナウンスは全部日本語だったけど、準1級からは全部英語になるわね。


これは準1級の問題形式を知っている受験生ならば問題はないわね。


だけど、先生は個人的には「これくらいのインストラクション、英語で理解できて当然だよね?」っていう問題作成者のメッセージがあると思うの。


準1級受験者に何が求められているか感じるといいわ。

準1級のPart 1、会話は3往復

準1級のPart 1、会話は3往復になる。


2級までは会話は2往復だったんじゃないかな。

エイコ
はい、AさんとBさんが2回ずつ話す感じでした。

でも3往復になるから会話は長くなるし要点を抑える必要があるわね。

準1級のPart 2、アカデミック度が大幅アップ

準1級のPart 2は1人の人がパッセージを語るっていう部分は共通なんだけど、アカデミック度が大幅に上がるわね。


2級と比べると雰囲気ががらっと変わるわね。


2級のPart 2は日常的なシーンを語っているのが多かったと思う。


例えばこんな感じ。

太郎さんはアメリカに旅行に出かけました。しかし、空港でロストバッゲージをしました。でも、空港の素早い対応により太郎さんは宿泊先のホテルで荷物を受け取ることができました。

このようなパッセージの内容理解が問われる感じね。


でも、準1級からはアカデミック度はぐっと上がる。


先生が思うにこんな雰囲気の問題が出題されると思う。

・人工知能がもたらすデメリット
・イギリスの裁判制度
・宇宙探査から得られた発見

あくまで一例ね。


どうかしら?


日常会話ではあまり出てこない語彙が飛び交いそうな雰囲気を感じないかしら?


だから、ビジネス英語が多いTOEIC向けの単語対策だと難しいと思う。

準1級にはPart 3がある

準1級からはPart 3が登場するわね。


内容はReal-Life


これは、
・スーパーマーケットのアナウンス
・留守電に残されたメッセージ
等、日常生活の雑音や雰囲気を取り入れた英語のリスニングを聞いて
内容を答えるというもの。


人によるかもしれないけど、リスニングの中では得点源になりやすいわね。

英検®準1級のリスニングを突破する裏技

さて、ここで英検®準1級のリスニングを突破するための裏技についてお伝えするわね。

エイコ
どきどき

裏技。つまりはあまり知られていないけど、知っておくと便利になる知識のことになるわね。


これは、たくさんの模試や過去問と向き合っていないとなかなか得られない知識。


それを惜しげもなくエイコちゃんにお伝えします。

エイコ
やったー

だけど裏技ばかりにたよってもダメなことは覚えてね。


先生は正攻法で継続的に勉強する受験生は応援したいわね。

Part 1の裏技

Part 1の裏技を説明していくわね。

裏技1つ目

裏技1つ目は「選択肢からどんな内容になるか予想する」ってこと。

例えば、こんな選択肢が出てきたらどう思うかなエイコちゃん?

・Taro will put up a tent.
・Taro will steam rice.
・Hanako will cook curry and rice.
・Hanako will find a lantern.

エイコ
「テントを張る」「ご飯を炊く」って言葉が並んでいるからキャンプのイメージですねー。

Bingo! エイコちゃん


そう、このように予想をすることは大事なの。


こんな問題が出てきたら「キャンプの話かー」って頭の中に土台ができるの。


実はこれがすごく重要。


リスニングで辛いのは、単語は聞き取れるのに何について話しているのか分からない状態。


これを防ぐためにも選択肢をよく見ておきたいわね。

裏技2つ目

裏技2つ目は「選択肢で同じ主語が並んだらその人物に集中する」こと。


例えば、こんな選択肢。


・She will quit her job.
・She will get promoted to chief clerk.
・She will be transferred to the sales division.
・She will go on maternity leave.

エイコ
Sheが並んでますね。

そう、こんな問題が来たらラッキーね。


彼女に関することに集中して聞けばいいから、彼女に9割、もう一人の人物に1割意識を集中して会話を聞けばいいから大分楽ね。


このような問題が来たら落としてはいけないわね。

裏技3つ目

裏技3つ目は「過去問は5年分以上解く」ということ。


これはたくさんの過去問を説いて準1級のリスニングに慣れるって意味もあるけど、Part 1に関しては過去に1度登場した問題が再登場するということがあるの。


再登場する問題は大体5年以上前のもの。


これが12問中、1-3問は出るわね。


運がいいとPart 1の25%は正解が取れることになる。


ぜひ過去問をやりましょう。


英検®の過去問は日本英語検定協会のサイトなら過去1年分しかないから


古本屋さんから過去問を探すか英検®受験者で過去データを持っている人を探しましょう。

Part 2の裏技

Part 2の裏技を説明していくわね。

裏技1つ目

裏技1つ目は「選択肢からどんな内容になるか予想する」ってこと。


これはPart 1と同様なんだけど、Part 2も最初から選択肢が見えているの。


だから、選択肢からどんなお話が来そうか予想してみて。


たとえば、これ

・NASA succeeded to record the specific phenomenon in outer space.
・New Horizons, an interplanetary space prove, took clear photographs of Pluto.
・Sol is a solar day on Mars.
・Three-body problem seems to be hard to solve.

エイコ
outer space、 Pluto、 Mars…
これ全部宇宙に関係する言葉ばかりですね。

そう、そのとおり。


実際ここまで分かりやすいものはないけど、選択肢からある程度どんな話がされるか予想できる。


だからここは逃しちゃだめ。

裏技2つ目

裏技2つ目は「聞き慣れない単語のタイトルが出たら解説が付く」ということ。


例えばこれ。


“Gemeinschaft and Gesellschaft”

エイコ
先生ー、まったく知らない単語です。

そう、その通り。エイコちゃんもだけど私も知らないような言葉をテーマとしたパッセージの読み上げ。


準1級以上のPart 2はよく登場するわね。


でもあわてないで。


必ずその言葉の説明が出てくるから、こんな感じで。

“Gemeinschaft and Gesellschaft, generally translated as community and society,are categories which were used by the German sociologist Ferdinand Tönnies in order to categorize social ties into two dichotomous sociological types which define each other.
エイコ
えっと、完全に理解したわけではないですが「共同体と社会」という意味ですか?

そのとおり。こんな感じで分からない単語がテーマとなっても説明が付くから慌てないことね。

Part 3の裏技

Part 3の裏技を説明していくわね。


Part 3はラッキーなPart。


準1級だと5問出題されるけど4問以上は正解したいわね。


それくらいコツをつかめば得点源になりやすいの。


Real-Lifeで出題される問題。こんな感じのものが多いわね。

あなたとその恋人は、来月旅行の旅行プランを選ぶため旅行会社のスタッフから複数のプランを聞きます。5箇所以上の観光スポットを訪れてかつ最も安いプランはどれでしょうか?

問題も選択肢も紙に書いてあるから大問1や大問2よりは簡単だと思うわ。

裏技1つ目

裏技1つ目「問題文にある条件を徹底的におさえる」ということ。


さっきのサンブルだと「5箇所以上」「最も安い」になるかしら。


この条件を抑えたら問題は簡単になるし、し逃したら解けなくなる。


この条件にフォーカスして耳を立てましょう。

裏技2つ目

裏技2つ目「消去法を使う」こと。


Real-Lifeはリスニングの中では比較的容易とはいっても準1級。


全部が全部聞き取れるわけではないと思うの。


でも、正解率を少しでも高めるために「消去法」は使いたいわね。


さきほどの裏技1で条件をおさえたら、条件に合わないものは選択肢から消す。


どんな形でもいいからバッテンをつけましょう。

英検®準1級のリスニングに必要なマインドセット

英検®準1級のリスニングを受けるにあたって必要なマインドセットをお伝えするわね。

英語を英語で考える

準1級合格者と2級合格者。


それは「ある現象」を体験しているかどうかの差があるわね。

エイコ
えー、それってなんですか先生?
気になります!

まぁまぁ、エイコちゃん、落ち着いて。


それは「英語を英語で理解する」体験。

エイコ
「英語を英語で理解する」体験?

そう、例えばこんな文章があるとするわね。エイコちゃん要約できるかしら?

エイコ
・・・はぃっ、頑張ってみます!
The younger generation will eventually need to support the older generation because of Japan’s aging population, . The government will have a difficult time providing financial support for its citizens without forcing young people to work longer hours. However, Japan could get more workers by accepting more immigrants into the country.
エイコ
えーっと”provide”って何だっけ。”force”は確か「強いる」で・・・
“immigrants”は「移民」だから、ほげほげ・・・





ー2分後ー

エイコ
先生ー。「移民受け入れに賛成」を表明する文です。

そうそのとおりね。


それでエイコちゃん、要約するとき所々英単語を日本語に戻して考えていなかったかしら?

エイコ
はい、そうしました。そうしないと要約できませんから。

残念だけどエイコちゃん。


このやり方だと準1級のリスニング突破は難しいわね。

エイコ
えーっ。そうなんですか?

準1級の水準となると会話の分量、スピードは2級と比べてぐんと上がる。


そんなリスニング問題で頭の中で英単語を日本語に戻していては話されている内容の理解は到底間に合わない。


だから、「英語を英語で理解する」ことができる必要がある。


実は先生も2級合格から準1級合格の期間に「英語を英語で理解する」っている体験をしているの。

エイコ
そうなんですねー。でも、どんな感覚か気になりますね。

それじゃ、エイコちゃんにもおすそ分けするわね。


例えば”Thank you”っていう英語。


これって日常生活でよく使われているわね。


この言葉、頭の中で「ありがとう」って訳しているかしら?

エイコ
いや、ないですね〜。そのまま使っていますが意味は通じます。

そう、この”Thank you”をいちいち日本語に訳さない感覚が「英語を英語で理解する」ことね。


でも”Thank you”だけしか「英語を英語で理解する」ことができないっていうのは準1級のリスニング攻略のためには遠く及ばない。


だから、いろいろな種類の英語リスニングをたくさん聞いて「英語を英語で理解する」ことができる語彙を増やす必要がある。


今はスマホがあるからリスニングの勉強はすごくしやすくなったと思う。


まとまった勉強時間以外にもスキマ時間を使うことができるからぜひスマホを活用しましょう。

解けなくても慌てない

準1級のリスニングは難しい。


万全の状態であっても、たっぷり勉強しても解けない問題は発生すると思う。


でも、解けなくても慌ててはダメ。


「7問目、問題聞き逃した〜。どうしよう〜!」


「選択肢が絞れない〜。どうしよう〜!」


心がこんな感じになったら危険!


正解できそうな問題まで正解できなくなってしまうわよ!


解けないときは…


「その問題は諦める!」


解けないときは…


「その問題は諦める!」


今2回言ったわ。


本当に大事なことだからこれも守って!

エイコ
はい、先生!

問題を落としても、試験で不合格になっても別に死んだりしない。


だからいつも勉強している雰囲気で試験に臨んで。


「稽古は本場所のごとく、本場所は稽古のごとく」


横綱・双葉山の言葉よ。


この気概は本当に大事!

まとめ

リン先生
以上が英検®準1級の難しいリスニングを突破する裏技。
でも正攻法の勉強もおろそかにしてはダメよ。
エイコ
はい、先生!

英検®準1級に合格する力があると、海外のニュースは半分以上何を言っているか分かるようになるわね。


もし周りにお友達がいて、何て言っているか説明できるとちょっとかっこいいわね。

エイコ
きらきら

ってことで今回は説明が少し長くなったけどリスニングのお話でした。


もしこのお話が参考になったと思ったらシェアしてくださいね。


それでは引き続き勉強を頑張りましょう。

リン先生
Let’s do it!