英検®単語の覚え方「逆成功法」5選

memorize-anti-pattern 単語一般
エイコ
英語上級者になりたい大学生エイコです♪

私エイコは留学のため、就職のため英検®準1級合格に向けで勉強しています。

みなさんは新しい級に挑戦するとき何から勉強しますか?


・単語?
・リーディング?
・リスニング
・ライティング?


勉強の仕方は人それぞれですが、私は単語から覚えます。


英検®は語彙力が問われる試験であり、それらの単語がリーディング、リスニング、ライティング、スピーキングでも必要になってくるからです。


英検®はTOEICと違い語彙力がないと中々突破が難しいのかなって思います。


実は最近、英検®準1級の英単語帳を買ったのですが、覚えなきゃいけない単語数の多さにとまどっています。


・foresee
・modification
・transplant

エイコ
ん〜、覚えられる気がしない・・・

英検®2級までは根性でなんとか合格できたのですが、


準1級は根性だけでは合格が難しいと私は感じました。


そこで私は英語の先生、リン先生に質問しました。

「逆成功法」を知ろう

エイコ
先生、覚えなきゃいけない単語ばかり!
単語を覚えるコツはありますか?
リン先生
そうね〜。単語が覚えにくくなるコツならあるわね。
エイコ
先生、どういうこと?

覚える成功法は人によって変わるけど、効率が悪い覚える方法は人に関係なく共通しているのよ。


例えば、覚えるにしても
・黙読して覚える
・音読して覚える
・テープを聞いて覚える
・単語を紙に書いて覚える
・絵に描いて覚える


どれがいいかは、
・人の記憶力
・認識能力
・勉強に使える機材
・勉強にかけられるお金
などに影響されちゃうのよ。


だから、皆に向けて「この成功法があるから、これをやろう」っていうのは難しいと思う。


でも、効率が悪い覚える方法は人に関係なく共通しているから、「こんな方法で単語を覚えると覚えにくくなるから気をつけよう」って言えるの。


だから、「逆成功法」を知ろうとすることが大事かな。

エイコ
そうなんですね〜。
で、先生、「逆成功法」って何ですか?

まぁまぁ慌てないで。


今回は「英検®単語の覚え方『逆成功法』5選」としてエイコちゃんにお伝えするわね。


なお、「第二言語習得論」に基づいた考えだから科学的根拠はあるので安心してね。

英検®単語の覚え方「逆成功法」1:時間をまったくかけない

リン先生
1つ目は時間をまったくかけないことね。

英検®合格で単語を覚えずに済ますということは考えられなくて、やはり単語を覚えるためにかけた時間が少なすぎるとダメね。


例えば英検®準1級で合格するの語彙数が8,000


英検®2級合格者の語彙数が5,000


…とすると、新たに覚える必要がある単語数は3,000。


もしあなたが1時間で50単語覚えることができるとしたら単純計算で60時間の勉強をする必要がある。


学校や仕事から帰ってきて毎日1時間やるとしても2ヶ月はかかるわね。


なかなかの量ね。


「なんだ2ヶ月か〜」って軽く考える人がいるかもしれないけど


・学校や仕事をこなしながら1時間勉強
・遊びたい、休みたいの誘惑に勝つ必要がある


ということをクリアして最短で2ヶ月。


これだけの勉強量をせずして「分からない単語が多い」というならば、単純に量が足りないということになるわね。

英検®単語の覚え方「逆成功法」2:復習をしない

リン先生
2つ目は復習をしないこと。

エイコちゃん「エビングハウスの忘却曲線」って聞いたことあるかしら?

エイコ
あっ、聞いたことあります。
人が何かを学んだとき1日後には2/3を忘れ
1ヶ月後には8割を忘れるっていうものですよね?

Bingo! エイコちゃん! この図のことね。

そう、その考えは単語を覚えるときも当てはまるわね。


受験生は英単語帳を買って、頭から覚えていくと思うけど、


覚えたての単語をパラッと見返さないのはもったいないわね。


覚えたての単語って不安定で、ふとしたはずみで忘れちゃいやすいからね。


もし忘れたら、1回目で覚えようとした単語にかけた時間、無駄になってしまうかもしれない。


だから、復習をしないと損することを覚えておいて。

英検®単語の覚え方「逆成功法」3:精緻化リハーサルで覚えない

リン先生
3つ目は覚える単語を精緻化リハーサルで覚えようとしないこと。

エイコちゃん「精緻化リハーサル」って聞いたことあるかしら?

エイコ
えっと、ないです・・・
何か難しそうなことをしそうなイメージですね。

うん、でもエイコちゃんは実は「精緻化リハーサル」を使ったことがあると思うの。


例えばエイコちゃんは歴史の授業で「鎌倉幕府ができた年」ってどう覚えたかしら?

エイコ
「いいはこつくろう鎌倉幕府の1185年」の語呂合わせで覚えましたね。

そう、その語呂合わせは「精緻化リハーサル」の一つね。


つまり、精緻化リハーサルっていうのは「短期記憶で一時的に保持している情報を、他の知識と結びつけたり構造を理解しながら反復すること」になるわね。


「鎌倉幕府ができた年は1185年」という情報に関しても、これだけを覚えようとしても短期記憶になってすぐに忘れちゃう。


だけど、「いいはこつくろう」というフレーズをくっつけて覚えることで忘れにくい長期記憶になる。

エイコ
あーなるほど、だから単語も棒暗記するのではなく、
・例文とセットで覚えたり
・何かのエピソードをくっつけて覚える
…ということをすれば忘れにくくなるということですね。

Bingo! エイコちゃん!

英検®単語の覚え方「逆成功法」4:分解覚えをしない

リン先生
4つ目は分解覚えをしないこと。
エイコちゃんこのグラフを見て。
エイコ
先生、このグラフは何ですか?

これは英単語の語源の割合を示したもの。


実は英語を構成する単語は主に


・ラテン語・ギリシア語
・ノルマン語
・ゲルマン語


を語源とするものから成り立っている。

エイコ
初耳です!

ラテン語・ギリシア語を語源とする英単語の中でも最も比率が高いわね。


そこで、知ってもらいたいのはラテン語・ギリシア語語源の単語は分解覚えがしやすいということ。


分解覚えをしないとは単語を覚える上で効率が悪くなっちゃう。

エイコ
先生〜、ラテン語・ギリシア語語源の単語ってどんなものがあるんですか?

例えば、
・forecast
・microphone
・tradition
といった単語ね。


ラテン語・ギリシア語語源の単語はお堅めで学問や宗教に関する分野で登場することが多いわ。


そして、分解覚え。


例えば、forecastは


fore…前もって
cast…投げる


のように接頭語、語根、接尾語に分けて考えることができるの。


この場合はforeが接頭語。castが接尾語ね。


この分解したパーツを覚えておけば単語がたくさん覚えることができるの。


この話は長くなるから別の機会にさせていただくけど分解せずに漫然と覚えようとしたらもったいないわね。


エイコ
「ボーっと覚えるんじゃねーよ!」ってことですね♪


英検®単語の覚え方「逆成功法」5:分からないことを分かるように集中していない

リン先生
5つ目は分からないことを分かるよう集中していないこと。

私は「勉強とは分からないことを分かるようにすること」と思っているの。


だけど、受験生の中には知らずして「分からないことを分かる」ことに集中できていない人もいてもったいないなと思うわ。


次の図は「勉強と作業の違い」の説明図。

単語を覚えるときに大事なことは「何が分からない単語かはっきりさせる」という作業。


そして、「分からない単語をリストアップしたら、これを覚える」これが勉強。


この作業と勉強が一体になってやっと単語を覚える準備ができると思うの。


受験生の中には漫然と単語帳を眺めて覚えようとする人もいるみたいだけど、知っている単語も目にとまってしまって、知らない単語を覚えるときに邪魔になってしまう。


もったいないわね。


今はオンラインで自分好みの単語帳をつくれる「Quizlet」っていうサービスがあって、これは知っている単語を消して覚えることもできるから便利ね。


おすすめするわ。

まとめ

リン先生
以上が英検®単語の覚え方「逆成功法」5選ね。
これらの悪い方法を避けてエイコちゃんなりのやりやすい覚え方を探してみてね。
エイコ
分かりました!先生。

単語覚えはこつこつと継続することが必要です。


リーディング、リスニング、ライティング、スピーキング、得点力をつける上での基礎となるので頑張ってくださいね。

リン先生
Let’s do it!